ピッチレスコート 豆知識




1 / 全ての塗装に関係なく全色に使えます

  淡いボディカラーや濃い色のボディカラーまで車には沢山の塗装色があります。

  おまけにソリッド塗装、メタリック塗装、パール塗装など様々ありますね。
  ピッチレスコートは、ソリッドやメタリック、パール塗装であっても全く関係なくすべての塗装色に使えます。

  各塗装色の持ち味を最大限に引き出す光沢仕上げが出来るので安心してお使い下さい。
  深みの光沢になった愛車は何とも言えないくらいに気持ちが良いですよ。

  ず〜っと眺めていたくなるまでの光沢仕上げが出来るようになると、もう貴方はテクニシャンです。
  それまではピッチレスコート効果が助けてくれていますので錯覚をしないようにしましょうね。

  ピッチレスコートはそれほどニクイ奴ですよ (笑)



  
2 / コーティング車のボディにも使えます

  コーティング膜が傷ついたり、剥がれたりすると思っていませんか? (笑)

  コーティングをしたら水洗いだけで維持出来ますからワックスは使わないでと言われた方や、そう思っている方は大間違いですよ。
  ピッチレスコートを使うと反対にコーティング膜が長持ちします。

  1989年から2019年の今年に至るまでの30年間、涼しい顔をしてコーティング車に使って来ていますからご安心下さい。
  知識が無い者はワックスを使うとダメと言います。

  しっかりした知識の持ち主であればコーティング膜に適したケア用品でお手入れをしなければ長持ちしないとアドバイスしてくれますよ。
  確かに使うとコーティング膜が痛むワックスも市中には溢れているのも事実です。

  ピッチレスコートは全てのコーティング膜に使えますので安心して下さい。



  先ずは不安解消にフェンダーなどの一部分を使って試しましょう。

  左でも右側でも構いませんから、どちらかのフェンダーを使って試します。

  ピッチレスコートを塗る前に一度タオル拭きで現状の質感のチェックをします。
  タオルが滑る、滑らないかの確認です。

  そしてピッチレスコートを軽く塗ってからタオル拭きをします。
  するとツルツルした質感に変化したのが確認できます。

  このツルツル感がピッチレスコートの保護膜になります。
  後は左右のフェンダーを見比べて汚れの付き具合を数日を要してチェックしてみましょう。

  ピッチレスコートで仕上げたフェンダーの方がきれいな色艶で保ち汚れ難くなっていますよ。
  これも一つの試し方ですから一度トライしてみて下さい。

  ピッチレスコートの保護膜効果と実力にニッコリしていただけます (笑)



  
3 / メッキパーツにも使えるのがピッチレスコートの万能性です

  塗装やコーティング車のボディにも使えながら車やバイクのメッキパーツにも使えるユニークさを持ち合わせています。

  勿論メッキパーツにも保護膜が出来る事で美観仕上げと美観維持がいとも簡単にできます。
  ピッチレスコートで仕上げた後のタオル拭きで保護膜効果を感じてもらえます。

  サラサラした質感ではなく、厚みがあるツルツルとした質感になります。
  この厚みある保護膜が今後の手入れで洗車傷や磨き傷になる線状の細かな傷が入るのを防いでくれます。

  更にメッキパーツにも深みある光沢ができます。
  劣化防止や色あせ防止にもなるピッチレスコートの手入れを存分に楽しんでもらえます。

  タオル拭きで感じるメッキパーツのツルツル質感は何とも言えないくらいに気持ちいいものですよ。



  

ピッチレスコート 豆知識

AKI CARWASH SERVICE
〜 SINCE 1989 〜

写真付きの解りやすい解説は
細野/美装のホームページをご利用下さい
 


トップページへ戻る          クリーティングコート トップに戻る          ざっくばらん トップに戻る


 

copyrights(C) 1989/ AKI CARWASH. All rights reserved.