NEWS / バケツ1杯の水洗い    
 
バケツ1杯の洗車術で花粉と黄砂を水洗いで除去  花粉・黄砂の水洗い術


手法

水をたっぷり使う

二度、三度洗いで溶かす



この水洗い方法でボディに優しい洗車をしましょう 
    


花粉、黄砂が多いこの時期は愛車のボディが一番汚れる季節になります

なんのその!

バケツ1杯の水洗いで楽々簡単に除去できますから目から鱗のバケツ1杯の洗車術で対処しましょう



ボディ    窓ガラス 
     
花粉を簡単に洗い落とす水洗い洗車術教えます     車の窓ガラスに付いた花粉と黄砂を落とす水洗い術
     
黄砂を簡単に洗い落とす洗車術教えます    窓ガラスの花粉を簡単に洗い流す車の洗車術教えます 
     
簡単な水洗いで花粉と黄砂を洗い流す洗車術    窓ガラスの黄砂を簡単に洗い流す車の水洗い術 

↑ これがバケツ1杯の水だけでできる手洗い洗車術です


花粉と黄砂を簡単に洗い落とすバケツ1杯の洗車術    このアウディの水洗いはご覧の量で仕上げています

洗剤、シャンプーなんて一切使いませんよ!

ただの水だけで仕上げるのがコツです



ご覧のバケツは6L用です

実際に使用する水は3Lくらいです

そしてタオル2枚だけです 


 
 ここで ワンポイント アドバイス


水洗いタオルはピッチレスコートに付いているのとまったく同じタオルです

水洗いタオルの目安にして同じ種類のタオルをお使い下さい



本格手に手掛け仕上げを楽しむならピッチレスコート用としてスーパークロスをお使い下さい
使ってみると言ってる意味が理解できますよ

スーパークロスはネット検索で 「ウチダのスーパークロス」 で見つかりますよ!

購入する場合は、3枚ほど買い求めて下さい
3枚あれば長期に渡って仕上げを楽しむことができますから重ねてお勧めします
たしか1枚420円だと思います



ピッチレスコートに付けているタオルを水洗い用に転換してお使い頂く事をお勧めします



 では花粉と黄砂が混じった汚れ除去を始めましょう

  



 ボンネットの仕上げをご覧下さい

 
 バケツ1杯の水とタオル1枚で洗い落す車の洗車術   タオルに含ませる水の量

  タオル下のボンネットをご覧下さい

  タオルに含んだ水がポタポタ落ちている状態です
  これくらいの水をタオルに含ませます


  きれいな状態のボディを水洗いする場合は、もっと少ない水量を
  タオルに含ませて水洗いをしますが、このように花粉と黄砂が
  混ざって汚れた状態の場合は、普段よりも多くの水をタオルに
  含ませて水洗いをします
 
   
 花粉と黄砂の固まりを簡単に洗い落す車の水洗い   花粉と黄砂の固まり

  指先をご覧下さい
  花粉と黄砂が混ざった固まりが残っています

  このバケツ1杯の水洗いは、タオルに含ませた水の重みで軽く
  ボディを撫ぜる仕上げ方です
  ゴシゴシと力ずくで擦って洗う水洗いとは違いますから一度では
  花粉と黄砂の固まりは水に溶けません

  よってボディ、そして塗装に優しい水洗いを行う場合は、軽く撫ぜる
  タオル使いでの仕上げを二度、又は三度繰り返します 
   


 ここで ワンポイント アドバイス


花粉と黄砂の固まり


花粉が飛びボディに積もり、更にそこに黄砂が積もります

そして厄介なのが雨です!
花粉と黄砂が雨で混ざり合い乾く時に固まりになってボディに残ります

花粉は粘着力がある物質ですからボディに粘着します
なかなか取れないのはそういう事です


一般の人は知識が無いので水洗いの時に洗剤やシャンプーを使って洗うのが常識になっています
言うなればスタンダードという固定観念ですね



真水での水洗いで簡単処理

粘着力がある花粉は簡単に水に溶けます
単純な理由です!

バケツ1杯の水洗いだけで取り除けるのは水に溶かす事で簡単に取り除く事ができるからです
取り除くとはタオルの吸い取りです


擦らないのは水さえ与えると溶けるからです
そして洗剤、シャンプーを使わないのは保護膜を傷めないからの理由であって
ボディ、塗装に線状になって目立つ擦り傷を入れない為のコツです

 
   
 真水だけで簡単に落とせる花粉の水洗い教えます   汚れが付着したタオル面

  これはタオルの片面だけで一度水洗いをした状態です
  軽く撫ぜるだけで、これだけの汚れがタオルに付着します

  この裏面を使ってもう一度同じ部分を水洗いします
  それも、ゆっくりとタオルを滑らせ軽く撫ぜるだけです

  一度の水洗いで花粉と黄砂の固まりが残る場合は、二度、三度と
  同じく水洗いをします

  バケツの中でタオル洗いをして汚れを落としてから繰り返すのが
  上手い水洗いができるコツです
    
   
 

 ここで ワンポイント アドバイス


音を気にしない!

花粉と黄砂の固まりを水洗いする時にザラザラと言うような音がします

これは凸になった花粉と黄砂の固まりにタオル面が引っかかった音です


まるでボディを擦って傷付けているような錯覚を感じますが
花粉と黄砂の上っ面だけにタオルが擦れた音ですから気にしないで水洗いを進めて下さい


音はタオルの片面でほとんどしなくなります
タオルの裏面でもう一度水洗いをする時に音はしなくなっています

音がしないという事は花粉と黄砂の固まりが溶けた証しです



汚れがひどい場合は二度、三度の水洗いを行いましょう
たっぷりと水を含ませたタオルでゆっくり撫ぜる仕上げ方を是非マスターして下さい

これで、あなたもバケツ1杯に水洗い洗車の達人です


 
   
 洗剤を使わない水洗いで簡単に黄砂を洗い流す   両面チェック

  いかがですか
  仕上げた面と花粉と黄砂で汚れている面との違いをご覧下さい


  バケツ1杯の水。。。
  いやいやバケツ半分の水で仕上がっています

  ただの水道水で簡単に仕上げることができます
  大それた洗剤洗いなど疲れるだけですから、この水洗い術を
  生涯有効に活用下さい
   
 

ここで ワンポイント アドバイス


ご覧のようにバケツ1杯の水洗いで花粉と黄砂の固まりを簡単に溶かして
取り除けるのは保護膜効果によるものです

普段の手入れが楽で簡単な仕上げになる事を忘れないで下さい



ピッチレスコートで平面部分のボンネット、屋根、トランクをライト仕上げすると
次の水洗いが簡単にできます

側面は毎回保護膜補充仕上げを行う必要はありません
理由は、直射日光が当たる平面部分とり保護膜が保つからです

ボンネット、屋根、トランクの平面部分をピッチレスコートでライト仕上げしても
10分以内の作業時間ですから一手間掛けましょう


 
 
窓ガラスの仕上げをご覧下さい

 
 窓ガラスの花粉を簡単に取り除く水洗いだけの洗車術   水はたっぷり

  ボンネットの水洗いと同じく窓ガラスの水洗いもタオルに
  たっぷりと水を含ませて洗いましょう


  ご覧のような汚れた状態の場合は、2回はタオル洗いをして下さい

  片面洗いを4回という事です
  花粉と黄砂の固まりが完全に溶けます 
   
 窓ガラスの黄砂を水だけで簡単に取り除く洗車術   引っ掛かり、音が無くなる

  花粉と黄砂の固まりが溶けるとタオルの引っ掛かりが無くなります
  そして音もしなくなります

  水を絞ったタオルでガラス面に浮いた水滴を吸い取る時は
  ゆっくりとタオルを流します

  押さえずに、できるだけ力を加えず、ゆっくりと撫ぜるように
  滑らせるのがきれいな窓ガラスに仕上げるコツです 
   
 真水を使うだけで花粉を簡単に洗い落とせる洗車方法   水洗い効果

  ただの水、されど水ですが、あれだけの汚れを簡単に
  取り除く事がご覧の写真で確認できます

  これもボディと同じくガラス面に保護膜があるからです
  窓ガラスコートの保護膜が厚くなればなるほど仕上げが驚くほど
  簡単になります

  室内側は時々、外側ガラスは毎回のように窓ガラスコートで
  仕上げるようにしましょう
  フロント窓ガラス仕上げは、窓ガラスコートを塗ってタオルで
  拭き取りをしても5分程度ですから毎回仕上げをお勧めします 
 

ここで ワンポイント アドバイス


ボディの水洗いにしても、窓ガラスの水洗いにしても必ずタオルを2枚、または3枚使います

1枚は水洗い用として使用します

残り1枚ないし2枚目のタオルは水滴の拭き取り用として使います
1枚より拭き取り用タオルは2枚をお勧めします



理由は

水滴が乾く前に拭き取りを行うからです
水滴が乾いてからの拭き取りは擦らなければなりませんから線状の擦り傷が入ると思って下さい

水滴はタオルで軽く撫ぜて吸い取るが基本のバケツ1杯での水洗い洗車術です

 
  

花粉と黄砂の固まり除去の水洗い

生涯有効に使える簡単な洗車j術ですから愛車のお手入れに活用下さい  



トップページに戻る     /     NEWS TOPへ戻る

  
 
copyrights(C) 2015. AKI-NEWS All rights reserved.